株式会社ニコンソリューションズ | Japan
Artboard 1
ja Change Region

Global Site

CFI プランアポクロマート Lambda D シリーズ

生命現象を逃さずとらえる

顕微鏡イメージングは、共焦点顕微鏡や高感度・広視野CMOSカメラなどのデジタル技術の進歩とともに、飛躍的な進化を続けています。新開発の「CFI プランアポクロマート Lambda D」は、これからのライフサイエンス研究に必須のデジタルソリューションに最適化した、高性能対物レンズです。
視野数25 mmの広視野の全域にわたる高画質と、幅広い波長範囲における色収差補正を実現。定量解析の精度を向上し、信頼性の高いデータ取得を実現します。

ダウンロード Lambda Dシリーズ (3.6MB)


特長・機能

広い視野の周辺まで明るく鮮明に

対角25 mmの広い視野の端まで、優れた画質が得られるため、画像の取得時間が短縮

Lambda Dシリーズは、高屈折率ガラスをレンズの素材に採用。画像の平坦性を向上し、油浸対物レンズにおける像面湾曲を補正しました。視野数25 mmの広い視野の端まで、均一な明るさと高画質を提供します。

  • 輝度測定の精度を向上
  • つなぎ目のないマクロ画像を、短時間で生成
  • 広範囲の生命現象を、1枚の画像で取得
  • 高スループットのハイコンテントスクリーニングを実現

従来の対物レンズ

Lambda D 対物レンズ

マウスの腎臓、染⾊:Alexa 488 WGA、Alexa 568 Phalloidin、DAPI、顕微鏡:AX R、対物レンズ:CFI プランアポクロマート Lambda D 10X

視野周辺の光量低下を抑制

視野周辺の光量低下が少ないため、蛍光輝度による定量解析の際も、信頼性の高い結果が得られます。

乳がんTMA(計30枚のタイリング画像)、染色:HE染色、カメラ:Digital Sight 10、対物レンズ:CFI プランアポクロマート Lambda D 4X、画像ご協力:株式会社ニチレイバイオサイエンス

高精度な画像タイリング

つなぎ目のない美しいタイリング画像を、効率的に取得できます。

広視野のタイリングで効率アップ

視野数25の広視野のため、視野数22よりもタイリングに必要な枚数が減り、効率が30%アップします。

*撮影枚数比較による

均一な明るさと画質を実現する、高屈折率ガラス

油浸対物レンズの先端の「先玉」の素材に、屈折率の高いガラスを採用し、像面湾曲を補正

G2レンズに高屈折率ガラスを採用し、G1レンズとの屈折率の差を発生させることにより、「ペッツバール和」を低減し、対物レンズ全体の屈折率を補正。これにより、像の平坦性を向上し、視野周辺部での結像性能を向上しました。

あらゆる波長において正確なデータを取得

Lambda Dは、高性能対物レンズVCとLambdaの色収差補正範囲をカバーしています。

レンズの素材にEDガラス(異常分散ガラス)を採用し、405 nm~850 nmの広い波長範囲における色収差を同時に補正しました。波長ごとの像面のずれがないため、高精度な多色イメージングを実現します。核染色などの輝度測定において、信頼性の高い定量データの取得をサポートします。

色収差を補正する、EDガラス(異常分散ガラス)

特殊な低分散特性を持つガラスを用いることで、405 nmからの色収差を補正。

波長ごとに異なる結像位置を、EDガラスにより補正できます。

高解像度のあくなき追求

レンズのエッジを薄く加工する技術により、より多くの光を取り込むことが可能になりました。球面収差を補正し開口数を向上したことにより、微細構造の識別において、より高い解像度を提供します。

S/Nの高い鮮明な蛍光画像を実現します。

マウスの小腸、染⾊:Alexa 488、Alexa 633、顕微鏡:AX R、対物レンズ:CFI プランアポクロマート Lambda D 100X Oil

マウスの脳神経(MIP)、染色:GFP、Z範囲:165.5 μm、Zステップ:0.147 μm、顕微鏡:AX R、対物レンズ:CFI プランアポクロマート Lambda D 100X Oil

画像を拡大しても、クリアに観察することができます。

胃壁、染色:SMA抗体染色、カメラ:Digital Sight 10、対物レンズ:CFI プランアポクロマート Lambda D 40XC、画像ご協力:株式会社ニチレイバイオサイエンス

高解像度を実現する、縁薄加工技術

高精度な技術により、レンズの縁厚を極限まで薄く加工し、有効径を拡大。

レンズの有効径を拡大したことにより、物体から発せられる、より大きな発散角度の光線をとらえることができます。これにより、NAの向上を実現しました。

反射を抑えるナノクリスタルコート

半導体製造装置の投影レンズに使われているナノ粒子膜を応用した、ニコン独自の超低屈折率の薄膜技術です。数ナノメートルから10数ナノメートルの粒子で密度の低い膜を形成することで、極めて高い反射防止効果を実現しています。また、従来の反射防止膜に比べて垂直に入射する光の反射をより低く抑え、広い波長域で極めて高い透過率を実現。さらに、レンズ斜めから入射する光に起因するゴースト、フレアーに対しても、優れた効果を発揮します。

通常の反射防止多層膜 ナノクリスタルコート
通常の反射防止多層膜 ナノクリスタルコート