Focus On Super-Resolution

光学顕微鏡は何百年の間、光の回折限界という制約により、XY方向に約200nm・Z方向に約500nm以下の詳細な構造は解像できませんでした。こうした限界を打破するために、数々の新技術が開発され、超解像顕微鏡の先駆者による2014年のノーベル化学賞受賞につながりました。現在では、構造化照明顕微鏡法(SIM)により、かつての2倍の解像度で、また、ローカリゼーション法 (STORM)により、約10倍のイメージングが可能になりました。

詳細を見る

Focus On IVF

ニコンの顕微鏡は、早くから生殖補助技術(ART)の発展において重要な役割を果たしてきました。イギリスとアメリカで行われた世界初の体外受精(IVF)には、どちらもニコンの顕微鏡が使われました。ニコンのARTへの取り組みの核となるのは、今日の体外受精のニーズに対する理解です。そのため、環境ストレスを最小限に抑え、画像取得中の卵細胞の生存性能を最大限に高める、卓越した光学性能と細胞にやさしいイメージング技術を提供しています。

詳細を見る

Focus On Neurobiological Imaging

神経生物学イメージングの分野は、既存の組織透明化技術や多光子生細胞イメージング技術の進歩のみならず、光遺伝学や超解像顕微鏡観察などの新しい技術の登場により、急速に発展しています。ニコンはそれらの技術の開発、改良、サポートに取り組み、最先端の神経生物学研究を支援しています。

詳細を見る

NikonのMicroscopyUウェブサイトでは、光学顕微鏡、顕微鏡写真、デジタルイメージングに関する技術サポートとタイムリーな情報を提供しています。ウェブサイトの最新の記事では、ライトシートイメージングの理論について説明し、そのテクニックやアプリケーション、サンプル作成について解説をしています。

MicroscopyUをご覧ください(English)