培養倒立顕微鏡

仕様

Ts2 Ts2-FL
光学系 CFI60無限遠光学系
観察方法 明視野、位相差、APC(アポダイズドフェーズコントラスト)*1、エンボスコントラスト*2
明視野、位相差、APC(アポダイズドフェーズコントラスト)*1、エンボスコントラスト*2、落射蛍光
透過照明 高輝度白色LED、フライアイレンズ内蔵
蛍光照明 LED、フライアイレンズ内蔵(単色LEDユニット3個まで装着可、波長:385, 455, 470, 505, 525, 560, 590, 625nmから3色を選択可)
鏡筒 Ts2/Ts2-FL : 俯視角:45°、眼幅調整範囲:50mm~75mm、 ジーデントップ型
カメラポート取り付け可能(観察/カメラ=100:0/0:100)
Ts2 E50L50:俯視角: 45°、眼幅調整範囲:50mm~75mm、ジーデントップ型
カメラポート固定(観察/カメラ=50:50)
接眼レンズ(視野数) TS2-W 10X (22)、C-W 15X (16)、C-W 20X (12.5)
焦準機構 レボルバー上下動式、ストローク(手動):ピント位置から上方向 7mm、下方向 1.5mm
粗動:37.7mm/1回転、微動:0.2mm/1回転、粗動トルク調整付
レボルバー 本体固定、5孔レボルバー
コンデンサー ELWDコンデンサー(NA 0.3、W.D. 75mm)
スライダー
  • 固定/心出し位相差スライダー、位相差対物4X/10X/20X/40Xで使用可能
  • エンボスコントラストスライダー(コンデンサー側・鏡筒側の2か所に装着)、対物レンズ10X/20X/40Xで使用可能
ステージ
  • プレーンステージ、本体固定、ステージサイズ 170 (X) × 247 (Y) mm (ジャノメリング付)
  • メカニカルステージ ストローク:126 (X) × 78 (Y) mm (各種培養容器用ホルダー5種、ウェルクランパー、ステージクリップ用意)
ホルダー
  • C-S-HP35 ペトリディッシュホルダー35mm
  • C-S-HLP100 ペトリディッシュホルダー100mm
  • C-S-HT テラサキホルダー(テラサキプレート、Φ65 ディッシュ用)
  • C-S-HS スライドガラスホルダー(スライドガラス、Φ54 ディッシュ、血球計算盤用)
  • C-S-HU ユニバーサルホルダー(テラサキプレート、スライドガラス、Φ35-65ディッシュ、血球計算盤用)
  • C-S-HG グラスリングホルダー
  • C-S-HLS リングホルダーセット
蛍光装置 蛍光フィルターキューブターレット本体内蔵
ノイズターミネーター付
最大3波長まで対応可能、他に明視野ポジションあり
コントラストシールド装着可
寸法 236 (W) × 548 (D) × 471 (H) mm 236 (W) × 564 (D) × 471 (H) mm
質量(本体) 約13kg 約14.5kg
各定電圧/電流 100V-240VAC ± 10%、50/60Hz、0.35A
消費電力 15W

*1 APC(アポダイズドフェーズコントラスト)とは、ニコン独自のレンズコートによりハローを減少させた位相差観察法です。
*2 エンボスコントラストとは、ニコン独自のコントラスト観察法です。偏斜照明を用いて標本に明暗をつけることで立体的な観察像が得られます。

Diagrams