株式会社ニコン ヘルスケア事業部 顕微鏡ソリューション | Japan
Artboard 1
ja Change Region

Global Site

イマージョンオイル

イマージョンオイルは、対物レンズとカバーガラスの間に充填される高屈折率のオイルです。対応する対物レンズと組み合わせることにより、顕微鏡の解像力や集光力を向上します。

ニコンは顕微鏡用に4種類のイマージョンオイルを提供しています。これらのオイルはニコン製対物レンズと組み合わせ開発、テストを行っております。

他社製の対物レンズと使用した場合、顕微鏡の性能は保証されませんのでご注意ください。他社製のイマージョンオイルの屈折率はニコン製とは同じでないため、ニコン製対物レンズに使用すると本来得られるべき正しい結果が得られません。また、収差の発生や光学性能の劣化を招くため、ニコン製のオイルを他社製オイルと混ぜて使用することもお避け下さい。


タイプNは、明視野、暗視野、微分干渉や位相差などの透過照明観察においてオイルを必要とする場合に使います。タイプNは8ml(スクイーズボトル)、50ml(スクイーズボトル)、480ml(ピペット付きボトル)のサイズを提供しています。

タイプBは、ニコンの独自技術であるパーフェクトフォーカスシステム(PFS)に対応しており、透過照明でのタイムラプスイメージングに最適です。タイプBは30mlのボトル(滴下用ガラス棒付き)で提供しています。

タイプF2は、従来品のタイプFの後継製品です。このオイルは、自家蛍光を減少することでS/N比を向上させた、蛍光観察向けの高品質オイルです。タイプF2もニコンの独自技術であるパーフェクトフォーカスシステム(PFS)に対応しており、フォーカスドリフトを抑えた長時間のタイムラプスイメージングを可能にします。更に、このオイルは、粘度特性の改善を行っており、タイプFに比べ臭いも抑えています。タイプF2は30mlのボトル(滴下用ガラス棒付き)で提供しています。

シリコーンイマ―ジョンオイルは、生細胞の深部観察に使用します。シリコーンオイル(ne≒1.40)は標本である細胞(ne≒1.38)と屈折率が近いため、屈折率の差によって生じる球面収差を低減します。表面から深部まで、明るく高解像な画像で観察することができます。水とは異なり、シリコーンオイルは37℃でも蒸発がほとんどないため、長時間にわたるタイムラプスイメージングが可能です。シリコーンオイルは30mlのボトル(滴下用ガラス棒付き)で提供しています。