株式会社ニコン ヘルスケア事業部 顕微鏡ソリューション | Japan
Artboard 1
ja

Global Site

イマージョンオイルとは、対物レンズを高屈折率をもった無色のオイルに浸すことにより顕微鏡の分解能を上げるための光学オイルです。

ニコンは顕微鏡用に2種類のイマージョンオイルを提供しています。タイプNとタイプFです。これらのオイルはニコンの対物レンズでテストしていますので、他社の対物レンズに対しては性能保証はしていません。他社のイマージョンオイルメーカーによるオイルの屈折率はニコン製とは同じでないため、ニコン製対物レンズに使用すると本来得られるべき正しい結果が得られません。光学性能を劣化させるので、オイルは他のオイルと混ぜないでください。

タイプNは一般用途、すなわち明視野、暗視野、微分干渉や位相差などの画像取得においてオイルを必要とする場合に使います。タイプNは8ml、50ml、480mlのサイズで提供され、どのサイズにもオイルを付けるためのピペットが付属しています。タイプFは常にS/N比の改善を要求される蛍光顕微鏡むけに特に設計された高品質オイルです。このオイルはまた長時間の画像取得実験で効果的な、ニコンの独自技術であるPFS(パーフェクトフォーカスシステム)を使う場合に使うことをお勧めします。高い品質はオイルの原料に起因します。それはオイル中のミネラル成分によって引き起こされる自家蛍光の減少につながっています。タイプFは1種類、30mlのサイズで提供されプラスチック製ピペットが付属しています。