共焦点レーザー顕微鏡システム

アプリケーションノート

A1R HD25: 定評のある高速レゾナントスキャンの最新技術が開く、新たなライブセルイメージングのアプローチ。

2月 2019

生きている生物の動態を記録するには高速の画像取得速度が必要です。 たとえばモデル生物全体などの大型の標本には、それに加えて大きな視野も必要です。 ニコン共焦点顕微鏡システムA1R HD25は、さらに進化したニコンのHD高速レゾナントスキャナーと、かつてない25㎜という広視野を同時に実現しました。 このシステムの性能は、ゼブラフィッシュの胚への適用で評価されています。


共焦点顕微鏡の視野を拡大し、現象を忠実に画像取得

11月 2018

これまで共焦点顕微鏡の視野数(FOV)は、搭載される顕微鏡の視野数によって制限されてきました。しかし、ニコンの倒立顕微鏡Ti2の登場により、世界で初めて25㎜の視野数が実現し、その優位点を生かしてニコンは、世界最大の視野数を持つ共焦点顕微鏡A1 HD25を開発しました。

日常の実験に役立つ、この技術の効果についてご紹介します。


ニコン A1とN-SIMを用いた反射イメージング法により、無染色の構造を可視化

1月 2018

反射イメージングは、サンプルによる後方散乱光を利用して、明暗画像を得る観察法です。ナノ粒子などの反射率の非常に高いマーカーを用いて、SN比が非常に高く光褪色のない画像が得られます。共焦点顕微鏡と超解像顕微鏡(SIM)の両方に適しています。