細胞観察装置

アプリケーションノート

CL-Quantアドオンモジュール製品

細胞占有面積率

位相差画像から視野全体に対する細胞の占有面積率を自動で計測することができます。
作業者の目に替わり、接着細胞の継代やアッセイのタイミングを決定する上で重要な、占有面積率(コンフルエンシー)を客観的に測定し数値化して記録することが可能になります。

ダウンロード 774KB

hPSC コロニー占有面積率

位相差画像から視野全体に対するhPSCコロニーの占有面積率を自動で計測することができます。
特徴的なコロニーを形成するヒト多能性幹細胞(ヒトiPS細胞、ヒトES細胞)の占有面積率(コンフルエンシー)を数値化して記録することが可能になります。

ダウンロード 715KB

hPSC コロニー数

位相差画像から、ヒト多能性幹細胞(ヒトiPS細胞、ヒトES細胞)のコロニー数を計測することができます。

ダウンロード 635KB

hPSC コロニー面積パッケージ

位相差画像からヒト多能性幹細胞(ヒトiPS細胞、ヒトES細胞)に関する下の4つの項目を自動で計測します。

  1. コロニー数
  2. 個別コロニー面積
  3. 平均コロニー面積
  4. 総コロニー面積

コロニー数やサイズをモニターし、アッセイや継代のタイミングの判断、作業者間の手技差の簡易的な評価に使用できます。

ダウンロード 676KB

神経突起長(位相差画像)

位相差画像から視野全体の神経突起長の総和を自動で計測することができます。
神経細胞を染色せずに計測することができ、神経細胞をターゲットにした創薬アッセイ、非侵襲的なiPSC由来神経細胞の分化評価等を目的とする解析に使用できます。

ダウンロード 699KB

神経細胞 / クラスター数(位相差画像)

位相差画像から、神経細胞又は神経細胞クラスター数を自動で計測することができます。
神経細胞を染色せずに計測することができ、神経細胞をターゲットにした創薬アッセイ、非侵襲的なiPSC由来神経細胞の分化評価等を目的とする解析に使用できます。

ダウンロード 699KB