株式会社ニコン ヘルスケア事業部 顕微鏡ソリューション | Japan
Artboard 1
ja Change Region

Global Site

偏光/分散顕微鏡

分散染色のための顕微鏡は、アスベストの定性分析および同定を可能にする

偏光顕微鏡は、屈折率、複屈折、遅延、消光角、多色性および伸びの徴候などのアスベストの特性を測定し、アスベストの同定を助けることができます。LV100ND POL / DSは、400倍の倍率で分散染色観察を可能にする付属品を備えた高性能の偏光顕微鏡です。

ダウンロード アスベスト測定用顕微鏡 (1.38MB)


特長・機能

ハイライト

  • LV100ND POL / DSは、高い消光係数を持つ光学系を採用しており、高精度光学特性の検出と観測を容易にします。
  • LV100ND POL / DSは、複屈折、消光比、伸びの兆候、屈折率、複屈折の大きさ、アスベストの多色性の分析を可能にします。
  • 目標とPHモジュールを変更することで、液浸液の屈折率に対応するアスベスト分散色を観察することができます。LV100ND POL / DSは、アスベストの定量分析および分散染色観察を可能にします。
  • 完全に回転可能な円形の目盛り付きステージは、偏光観察中に問題のないサンプル回転と正確な分析を提供します。

複屈折

ロックウールとクリソタイルの混合物

クロスニコル、対角位置

クロスニコル、絶滅位置


消弧角

アモサイト

平行ニコル、十字線に合わせた劈開面

クロスニコル、消光角の測定


伸びのサイン

アモサイト陽性:減算対角位置

クロシドライト陰性:加算対角位置


屈折率(液体の屈折率nD = 1.605)

クリソタイルとアモサイト

標本の上部に焦点を合わせる

標本の下部に焦点を合わせる


複屈折の大きさを得るためのレターデーション(光路差)

アモサイト

対角位置

減算された対角位置(テストプレートが挿入されている)

アナライザの回転角を測定(セナモント補償器を挿入)


多色性

クロジドライト

偏光子の振動方向に平行

偏光子の振動方向と直交


分散色

クリソタイル
nD = 1.550、赤紫色〜青色

アモサイト
nD = 1.680、ピンク

クロシドライト
nD = 1.680、橙〜赤黄土