生産終了品 後継品はEclipse Ti2 シリーズとなります

先端生命科学の分野では倒立顕微鏡は、ほとんどの光学イメージング実験に使われています。

科学者たちは生きた細胞の画像を取得するという難題に対し、TIRF、共焦点顕微鏡、FRET、光刺激あるいはマイクロインジェクションといった数々の技術を駆使してこれら難題を克服しています。これらの実験装置の中核をなすのがEclipseTiシリーズです。これらすべての手法にアクセスでき画期的なニコンCFI60光学系を備えた強力な倒立顕微鏡です。EclipseTiシリーズはニコンの画像ソフトウエアNIS-Elementsと組み合わせることにより、従来よりも迅速に、簡単に、正確に所望のデータを得ることができます。