株式会社ニコン ヘルスケア事業部 顕微鏡ソリューション | Japan
Artboard 1
ja Change Region

Global Site

実習用偏光顕微鏡

実習用顕微鏡に定評あるCFI60システムを採用。 低価格で、本格的な偏光観察が可能となりました。

  • 高NAと長作動距離を両立した偏光用CFI60対物レンズを採用。
  • オルソスコープ観察/コノスコープ観察に対応可能な本格的中間鏡筒を装備。
  • 標本の交換に便利なワンタッチ再焦準機構、ベース上面から簡単に行えるランプ交換など、実習用に適した機能を有しています。
  • アーム・ステージ間及びレボルバー周辺に広い空間を確保。レボルバー操作や標本の交換がしやすく、操作性に優れています。

ダウンロード 実習用偏光顕微鏡 E200POL (613KB)


特長・機能

コンペンセーター

リタデーション測定が可能な、セナルモンコンペンセーターと石英楔形検板を用意しました。

セナルモンコンペンセーター

石英楔型検板


無限遠補正光学系CFI60システム

対物レンズの高NAと長作動距離の両立を実現した理想的な無限遠補正光学系CFI60システムを採用。あらゆる倍率で優れた解像度と操作性を実現しました。視野全域にわたり色収差のないシャープでクリアな画像が得られます。


インナーレボルバー

4孔インナーレボルバーの採用により、ステージ上に広い空間を確保しました。レボルバー操作や標本の交換がしやすく、操作性に優れています。


鏡筒

ジーデントップタイプのP-TB2双眼鏡筒、P-TT3三眼鏡筒は、俯角25°を採用し、楽な姿勢で観察できます。

P-TB2双眼鏡筒

P-TT3三眼鏡筒


上限リミット搭載のワンタッチ再焦準機構

ステージを指先で軽く約10mm 押し下げてから手を離すと、自動的に元の焦準位置に戻る再焦準機構を装備。標本の交換が容易に行えるため、標本数の多い検鏡も快適に行えます。


簡単ランプ交換

ランプ交換は、フィールドレンズユニットを外して簡単に行えます。


コストパフォーマンスにさらに優れた組み合わせも可能

E2-TB双眼鏡筒またはE2-TF三眼鏡筒と、CFI E 10X 接眼レンズ(視野数 20mm)を組み合わせることで、手軽に偏光観察が行えます。鏡筒は接眼部を動かすことにより、アイレベルを最大34mmまで上下動できます。

E2-TB双眼鏡筒とCFI E 10X 接眼レンズの組み合わせ(フィルターはオプションです)