株式会社ニコン ヘルスケア事業部 顕微鏡ソリューション | Japan
Artboard 1
ja Change Region

Global Site

細胞培養観察装置

培養環境下での幹細胞スクリーニングを実現。

サンプルをインキュベーターから取り出し顕微鏡で観察する方法では、環境の変化や容器の揺れによる細胞へのストレスに加え、観察位置が再現できない、研究者への負担が大きいなどさまざまな問題点がありました。

BioStation CTは、培養から観察までをすべてインキュベーター内の安定した環境で行うことで、研究者への負担を軽減し、幹細胞をはじめとするライブセルを確実に追跡します。

ダウンロード 細胞培養観察装置 BioStation CT (1.79MB)

ダウンロード BioStationシリーズ専用画像解析ソフトウェア CL-Quant (561KB)


特長・機能

自動撮影

オートフォーカスでピントずれを抑えた画像を自動的に取得します。

多数サンプル、多点、複数倍率、Zスタック(位相差時)などの多彩な画像取得が可能です。また、ユーザーごとに撮影条件を登録することができるので、実験の再現性をサポートします。


サンプルの自動搬送

インキュベーター内の高温多湿の環境下で安定駆動する搬送系を搭載し、観察部には培養容器全域を観察できる高精度電動ステージを採用しました。

① 培養容器ストッカー
② 観察ステージ


リモートアクセス

細胞画像の閲覧、撮影条件/スケジュールの入力や変更が、ネットワーク経由で行え、取得データはローカルパソコンに自動的にダウンロードされます。研究室のデスクや外出先などから、いつでも細胞状態をチェックすることができます。温度・湿度・CO2などの装置のエラー情報もeメールで受診できます。


容器全域撮影&高倍タイリング

容器全域を分割して撮影し、タイリング処理によってディッシュ全体の高解像度画像が表示できます。発現頻度が低くて確認しにくいiPSコロニーが容器内のどこに発現していても、確実に捉えることができます。

さらに、特定箇所を拡大して高解像度で観察することもできます。

また、培地交換後も位置再現性を保持し、同じ視野を経時的に表示できます。


ミクロ観察

高感度冷却CCDカメラによる2×、4×、10×、20×、40×の位相差像・蛍光像が観察できます。また、Z方向に最大40枚の位相差撮影が可能なZスタック機能を搭載しています。


マクロ観察

培養容器全体の明視野画像により、容器に書かれた手書き情報や培地の色、カビの発生などを装置外から確認することができます。

また、オプションでアルカリホスファターゼ染色後の細胞カウントも可能です。


正確な温度管理

インキュベーター部の6面に内蔵したパネル状のヒーターで制御するダイレクトヒーティング方式により、高い温度均一性を保ちます。


アクティブ制御の湿度管理

設定湿度以下になると、自動的に蒸留水をインキュベーター内にエア噴霧して最適湿度を維持。蒸留水はインキュベーターの扉を開けずに給水が可能。バット式のコンタミネーションリスクを低減しています。


環境データのトレースが可能

装置内は常時モニター・記録しており、いつでも環境データを追跡・確認できます。


滑らかなサンプル搬送

サンプルの搬送は液面の揺れを2mm以下に抑えた、ゆるやかな移動を実現。細胞の偏りを抑え、細胞へのストレスも低減します。


コンタミネーションに配慮

インキュベーター内部の過酸化水素ガス除染が可能です。(オプションサービス)

*200V電源が必要です。


各容器に対応したGUI画面をご用意

容器選択アイコン

観察ウェル選択画像

12穴ウェルプレート用GUI


簡単な操作

1。サンプルの搬入

サンプルをストッカーにセット

複数容器を一度に搬入できる可動式ストッカー(オプション)を採用。作業を効率化します。


2。撮影条件設定

タッチパネルで簡単登録

タイムラプス撮影の倍率、撮影ポイント、蛍光、ステージ移動速度などを選択します。


3。撮影スケジュール設定

タイムラプス撮影スケジュールを入力

タイムラプス撮影の撮影間隔やトータル撮影期間を入力します。最短1分間隔でのタイムラプス設定が可能です。


4。画像取得の閲覧

培養履歴画面でデータを管理

取得した画像は経時的に閲覧できます。


5。培地交換

高い再現精度

培地交換や継代などの履歴データやシャーレごとのXY位置を記録しているため、専用ホルダーと組み合わせることで、培地交換後も正確に同じ細胞を観察し続けることが可能です。


6。データ活用

信頼のデータ管理と資料作成サポート

取得データは二重化と無停電電源装置によって安全に保護されます。また、温湿度や撮影時間などのデータが取得画像に書き込めるので、プレゼンテーション資料の作成が簡単です。