株式会社ニコン ヘルスケア事業部 顕微鏡ソリューション | Japan
Artboard 1
ja Change Region

Global Site

ニコンイメージングセンター

北海道大学

北海道大学 電子科学研究所 ニコンイメージングセンター(NIC@HU)は、北海道大学のみならず日本全国の研究者に最新の生物顕微鏡を利用できる環境を提供することを目的とした施設です。

(株)ニコンインステックからの大きな貢献によって設立され、顕微鏡装置や実験機材を供給している以下の企業によってサポートされています。

Andor Technology(アンドール)、Chroma(クロマ)、中央精機、五稜化薬、浜松ホトニクス、日本分光(JASCO)、サーモフィッシャーサイエンティフィック(旧社名:ライフテクノロジーズジャパン;インビトロジェン;Molecular Probes)、日本ローパー、オプトライン(Semrock製のフィルターの提供)、プロメガ、システムブレイン、ソリューションシステムズ(Scientific Volume Imaging社のソフトウエア"Huygens"の提供)、東海ヒット、横河電機

現在、世界に9つのニコンイメージングセンターがあります。ハーバードメディカルスクール(NIC@HMS)、ハイデルベルグ大学(NIC@HD)、北海道大学(NIC@北大)、 シンガポールバイオポリス(NIC@SBIC)、 国立研究センター・キュリー研究所(NIMCE@IC-CNRS)、ノースウエスタン大学(NIC@NU)、キングスカレッジロンドン(NIC@King's)、イタリア工科大学(NIC@IIT)、カリフォルニア大学・サンディエゴ校(NIC@UCSD)

NIC @ HUは、2011年9月に資金寄付を受けた研究部門を終了し、2012年4月に研究所の研究支援部門として活動を始めました。私達は装置の利用サポートを通じて、研究活動を支え続けます

NIC@HUの主な活動:

  • 最先端の顕微鏡とイメージング関連機器を設置し、基礎研究の環境を提供する。
  • 顕微鏡に馴染みのない研究者からハイエンドユーザーまで、さまざまなレベルに合わせて顕微観察法のトレーニングコースを行う。
  • ユーザーが顕微鏡を正しく自信を持って使えるようにサポートし、一連の実験で最適な設定とデータ解析ができるようにサポートする。
  • 顕微鏡ユーザーのアイデアを反映した新型顕微技術の開発を行う。

お問い合わせ

NIC センター長

中垣 俊之(Ph.D)

NIC 技術支援スタッフ

email hidden; JavaScript is required

住所

ニコンイメージングセンター
〒001-0020
北海道札幌市北区北20条西10丁目
北海道大学 
電子科学研究所 2階 2-204 

ウェブサイト

北海道大学



Systems Available

N-SIM Super-Resolution with Eclipse Ti-E Inverted Microscope

Using high frequency Structured Illumination, the Nikon N-SIM can achieve image resolution of 85nm, which was previously considered impossible with optical microscopes. Temporal resolution of 0.6 sec/ frame enables super-resolution time-lapse imaging of dynamic live cell events.

A1Rsi with a Ti-E Inverted Microscope (2 systems)

The A1si is a powerful point scanning confocal microscope system suitable for a broad range of applications, particularly spectral resolution and rapid imaging. The A1R comes equipped with a unique hybrid scan head, incorporating both an ultra high-speed resonant scanner and a high-resolution galvano scanner, enabling simultaneous bleaching/photoactivation and acquisition. The enhanced spectral imaging capabilities feature acquisition of a 32-channel spectral image (512 x 512 pixels) with a single scan in 0.6 second. 512 x 32-pixel images can be captured at 24 fps.

Ti-E PFS Inverted Microscope System

The Eclipse Ti-E with Perfect Focus is Nikon's market leading inverted microscope system offering improved system speed, increased flexibility and efficient multi-mode microscopy as part of a fully-integrated microscope system that is ideal for high-end research and live cell imaging. Perfect Focus is Nikon's exclusive focus correction system that combats axial focus fluctuations in real time during long-term imaging investigations.

Eclipse Ti-E TIRF/FRAP

Combining TIRF and epifluorescence set-up for (live) imaging with a great variety of wavelengths, the Nikon TIRF system is an inverted and fully automated Eclipse Ti-E microscope with both widefield fluorescence and brightfield illumination and with objective TIRF illumination. + Existing copy for Ti-LAPP TIRF system.