Focus On IVF

ニコン顕微鏡システムから命が始まる

ニコンの顕微鏡は、早くから生殖補助技術(ART)の発展において重要な役割を果たしてきました。イギリスとアメリカで行われた世界初の体外受精(IVF)には、どちらもニコンの顕微鏡が使われました。ニコンのARTへの取り組みの核となるのは、今日の体外受精のニーズに対する理解です。そのため、卓越した光学性能とイメージング技術により、細胞へのストレスを最小限に抑えるようにしています。

ニコンは、精子の評価を行う正立顕微鏡から、卵子の観察や選別を行う実体顕微鏡、生細胞イメージングや顕微操作を行う倒立顕微鏡にいたるまで、ARTサイクルのすべてのステップをサポートするさまざまな顕微鏡を提供することにより、今日のIVFにおいて大きな役割を担っています。

ARTサイクル

Andrology

試料にサンプルに明暗のコントラストをつけて観察できる位相差装置やサンプルへの熱の影響を防ぐLED光源を有する、正立顕微鏡 エクリプスCi-LE200は、精子解析システム(CASA)と組み合わせて、運動精子と不動精子の総量・濃度・運動率の計測をするのに適しています。

卵子の洗浄と経過観察

前核が3つある異常胚*

前核が2つの正常胚*

実体顕微鏡 SMZシリーズは、さまざまなズーム比の製品をラインナップしているため、卵子や胚を最適な倍率で観察できます。また、優れた光学性能と視野全域にわたる均一な照明を有し、長時間観察しても、疲れないようにエルゴノミクスの観点からも使いやすい実体顕微鏡です。

 観察に必要な倍率をお知らせいただければ、お使いのクリーンベンチや作業スペースに合わせた製品をご案内いたします。

ICSIによる顕微授精

ニコンのNAMC(Nikon Advanced Modulation Contrast)観察法は、プラスチックディッシュ上の無色透明な試料にレリーフ状の陰影をつけて観察できるため、ICSI のときに最適です。

また、倒立顕微鏡 エクリプス Ti2Ts2Rには、マニピュレーター、サーモプレート、顕微鏡用カメラなどを簡単に装着できます。

ICSI の様子 - 画像ご協力:Dr Pierre Boyer, Laboratoire d’AMP, Hôpital Saint Joseph, Marseille, France

胚生検とアシストハッチング

Octaxレーザーシステムを搭載したTi2

画像ご協力:Vitrolife

画像ご協力:Vitrolife and Dr Mary Herbert, Newcastle Fertility Centre at Life

受精後のARTサイクルを成功に導くには、アシストハッチングや着床前スクリーニング/着床前診断(PGS/D)など、胚へのマニピュレーションが必要となることがあります。レーザーを使用したアシストハッチングでは、透明帯の一部に切れ込みを入れ、胚を出やす<させます。研究用倒立顕微鏡エクリプスTi2は、レーザー施術の際に胚と技術者を保護するため、レーザー安全を考慮して設計されています。NAMC観察法は、胚生検やアシストハッチングにおける細部観察に、最適なコントラストを実現します。

画像ドキュメント

ニコンは、すべての顕微鏡に対してカメラソフトウェアを幅広くラインナップ。精子の選別から卵子の準備、ICSIによる顕微受精、胚生検、アシストハッチングにいたるまで、ARTサイクルのすべてのプロセスにおける画像表示と記録をサポートします。